塗るボトックス配合の美輝肌モイスチャーセラム

塗るボトックスが入ってモイスチャーセラム

 

マジックフェイシャルの効果をアップさせるために欠かせない美容液、美輝肌モイスチャーセラムにはぼよっクス注射に変わる成分と言われる【アルジルリン】が入っています。アルジルリンは塗るボトックスと言われる話題の美容成分でスペインで開発されました。

 

ボトックス注射というと、たった数分の注射で気になるシワが目立たなくなるし、張ったエラも小さくしたりという小顔効果が期待できると美容外科で人気の施術ですね。

 

ボトックス注射の副作用の心配

ボトックス注射はもともと顔面の神経麻痺の治療に利用されていましたところを神経の緊張で刻まれる表情ジワの治療に活用されるようになってきました。そのほか、ワキガや多汗症の治療にもつかわれているのですが注入する分量や注入場所を間違えると副作用が起こるかもしれません。

 

副作用の主なものは顔のたるみや筋肉のこわばり、ひきつり、硬直などです。表面から見えない副作用や後遺症もありますね。吐き気やめまい、高熱、頭痛や極まれにアレルギー症状が出ることがあります。

アルジルリンが開発されたスペインでは、ボトックス注射の副作用を恐れているのでしょう。原料は食中毒を引き起こすと言われるボツリヌス菌というです。もちろん毒素は抜いてあります。

 

塗るボトックスの種類

 

塗るボトックスと言われている美容成分には種類があります。代表的なのが【アルジルリン】【シンエイク】です。アルジルリンの表記名はアセチルヘキサペプチド‐8。シンエイクは2006年に世界でモ有名な権威ある賞、スイス・テクノロジーアワード賞を受賞するなど有望な成分です。

 

シンエイクは筋肉を麻痺させる毒蛇の毒と同じ化学配合で人工的に作られてます。だからヘビ毒ではありません。シンエイクの表記名は【ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド】

 

ボトックス注射の副作用は心配・・・という方には副作用や後遺症のない塗るボトックスが安心です。注射よりも即効性では劣りますから長く継続して使うことは必要ですね。ボトックスと同様、筋肉の緊張を和らげる効果が期待できます。