グルコシルセラミド|美輝肌モイスチャーセラムの成分

グルコシルセラミドは

ブドウ糖とパルミチン酸(脂肪酸)を合成したセラミドをグルコースと結合させたものです。

 

もともと、自然界の植物にも含まれている成分で代表的な植物はとうもろこし、小麦などで人の」皮膚の中、とくに基底層や顆粒層にも存在しており細胞と細胞を結びつける働きをしてくれます。

 

さらに皮膚の倍部でセラミドを生成するサポートもする成分です。

 

グルコシルセラミドに期待できる効果

それはは保湿効果です。乾燥しやすいお肌や外部の」刺激に弱いアトピー肌は、通常よりもセラミドが少ないようです。

 

お肌のセラミドが少ないと乾燥状態が続き、肌が荒れやすいし生まれかわりのサイクルも不安定になるでしょう。

 

グルコシルセラミドを加えることで肌の内部でセラミドの生成が多くなる可能性が高くなるので保湿に効果的です。

 

細胞間の結合度もアップ

保湿だけでなく細胞と細胞の結びつきが強くなるという効果も期待できます。細胞間のスキマが少なくなり肌の奥にある水分が外に逃げてしまうことをブロック。

 

グルコシルセラミドには抗酸化作用も備わっていると言われているので、活性酸素の抑制や真皮層にある線維芽細胞の働きを活性化も期待できます。シミの原因になるメラニン色素を抑制する働きもあると言われる、お肌に良い成分です。