テトラヘキシルデカン酸アスコルビル|美輝肌モイスチャーセラムの成分

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルとは

分かりやすく言えば油溶性のボタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性、どちらも併せ持つものの3種類があります。

 

水溶性は皮膚の表面にある皮脂に阻まれ奥まで浸透しにくいことや、刺激が強いというデメリットがありますが油溶性は皮脂になじみやすく刺激が少ないのが特徴です。

たとえ高濃度でも刺激が少ないのでアレルギーの方でも使いやすいようで安全だといわれています。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルはオイルや油とよく混ざるのでクリームなどに配合されます。

どちらかというとジワジワと働くので持続型ビタミンC誘導体、VCIPとも言われたりもします。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルのはたらき

・皮脂の分泌コントロール
・抗酸化作用
・抗炎症作用
・メラニン抑制
・メラニン色素還元
・コラーゲン生成サポート

以上のようにビタミンCと同じようなはたらきが期待できます。